ストレッチでだるさを撃退!

ストレッチをすると、筋肉がやわらかくなり血行を促進させることが出来ます。
その結果、ストレス解消をしたり疲れにくい体づくりをしていけると言われているのです。
毎日適度にストレッチを行う習慣を付けてだるさ解消を目指していきましょう。

自分でできる色々なストレッチ

肩と背中のストレッチ

まず、四つん這いになります。
その状態で腰の高さはキープし、両手を少しずつ前にのばしていきます。
例えるならネコが伸びをする時のポーズです。

 

この時、少しずつ息を吐き出しながらやるのがベスト。
両手を伸ばしきったらそのままのポーズをしばらく保ちましょう。

 

肩のストレッチ

右手を上から、左手を下から背後に回して背中で両手を繋ぎます。
そのまま少しずつ息を吐き出しながら繋いだ両手を引っ張り合いましょう。
これをしばらくやればOK。

 

終わったら今度は左手を上から、右手を下から…とチェンジして
もう一度同じように引っ張り合いをして下さい。

 

腿の内側のストレッチ

座って足の裏同士を合わせます。その状態で両足首を掴み、背筋を伸ばしましょう。
あとは腿の内側を肘でゆっくりと押しながら体を前に傾けていきます。
前傾をする時には、もちろんゆっくり息を吐き出すのを忘れずに!

 

腿の裏側のストレッチ

両足を伸ばした状態で座ります。
手ぬぐいやタオルなどの両端をそれぞれ手で持ち、両足の足の裏に引っ掛けた状態で背筋を伸ばしましょう。
そのままゆっくりと息を吐きながら体を前に傾けます。
この時、一緒に肘を曲げてタオルを引っ張って下さい。

 

ストレッチで体をほぐすときの注意点

このようなストレッチは毎日、時間のある時や寝る前などに続けて行って行くことが大切です。
気が向いた時だけやる…というスタイルではあまり効果的にはならないため気をつけましょう。

 

また、ストレッチで体を伸ばす時などに無理するのは禁物です。
無理に伸ばし過ぎたりすると、逆に筋を痛めたりする原因となるため十分注意するようにしてください。